琉球から沖縄へ返還

沖縄という場所は昔から日本国土のもの、日本が有していた場所としてすっかり誤解している人も若者たちの間では多いのかもしれませんが、今、日本に沖縄という場所があるのは沖縄返還が行われていたからです。
元々沖縄という地域は、アメリカが制圧していた場所の一つだったために日本のものではなかったのです。
それが、1972年に日本とアメリカとの間によって協定がおこなわれた際に正式に沖縄(当時は琉球として呼ばれていた)が日本の国土として制することができるようになりました。
この協定がなければ今でもきっと沖縄はアメリカに制圧されたままだったかもしれませんし、気軽に国内旅行の一つとして沖縄に行き来することもできなかったかもしれません。
当時の日本とアメリカとの関係は決して良いものではなかったもののそれでも協定に進んでくれたことには感謝しなければなりません。
そこに行き着くまでには、沖縄戦というツライ歴史もあったもののそれも一つの理由となり、沖縄が日本のものになったことでは戦で得たものは大きかったもののように思えます。
しかし、今も尚沖縄には米軍基地が存在していますからアメリカの名残というものが感じさせられているのも仕方のないことかもしれません。